テープ起こしの料金を少しでも押さえるコツ

録音を文章化する専門家

PC操作

読みやすく正確な文章

テープ起こしの仕事が必要な法人には雑誌社があります。雑誌にはインタビュー記事や対談などが掲載されますが、その時にICレコーダーで会話の内容を録音します。その録音内容を雑誌に掲載できるように文章化するのがテープ起こしです。昔はカセットレコーダーで録音していたのでテープ起こしと呼ばれています。テープ起こしを必要とするのは法人だけでなく、インタビュアーなどもそうです。また各種の講座を主催する団体などでも、講座の内容を文章化して生徒に配布するために必要とします。テープ起こしの方法は専門家が録音媒体を聞きながら、パソコンに文字を打ち込んでいきます。実際の会話内容は、「えー」「あの」などという言葉が頻繁に出てきますので、それらを取捨選択して読者に読みやすいように文章化するテクニックが大事です。

専門の会社を選ぶメリット

テープ起こしを依頼する場合、専門の会社に頼むことになります。料金は高めですがテープ起こしのベテランスタッフが揃っているので、短い期間で納品できます。大量の案件を抱えている場合に便利です。特に専門性の高い内容を文章化するには、専門の会社が適しています。またセキュリティ面でも安心できます。料金を安くしたい場合は個人に依頼するという方法があります。かつて雑誌社に勤務していてテープ起こしの経験がある女性などが、個人的に請け負っているのです。料金は安いですが大量の案件を処理をするのは不可能です。納期にゆとりがある案件なら適しています。大量の案件を短期で納品してもらい、かつ低料金でというと、クラウドソーシングが一番です。多少文章化した原稿にばらつきがありますが、再度チェックして校正をする場合には適しています。

出展や買い付けに際して

国旗

日本でもビジネスを海外で始めるという会社や、海外の会社と取引をするという会社も増えています。香港で展示会に出店したり買い付けする会社には通訳が必要です。香港では英語・広東語・北京語が話されますから、希望によって通訳を雇うと良いでしょう。

効率の良い進行が大切です

アルファベット

翻訳代行のサービスを利用する事により、大幅に作業の手間や時間を節約する事が可能となります。多言語に対応する、専門性に通じているなどの強みをもったサービスも利用者の増加に繋がっています。翻訳代行サービスは、依頼者と専門業者での理解を深める事が、最終目的の達成に繋がります。

広東語でサポートを

男性

グローバル化が進む現代ではビジネスやプライベートでも海外へ出る機会も多く、とくに香港は長くイギリスに統治されていたことから外国人慣れしており、通訳などの案内人もフレンドリーな場合が多く、やりがいのある仕事として認識されています。

このエントリーをはてなブックマークに追加